UI Labo Builder

CG仮想空間内にGUI検証環境を簡単に構築

VRなどを使用したコンピュターグラフィックスの仮想空間はその環境の構築に手間がかかるため、GUIの検証環境として使用するには費用が多くかかり、簡単に取り組めないものでした。 当社のUI Labo Builderはこれまで手間のかかっていた環境構築の手間を大きく減らします。

主な特徴

① 3Dモデルの位置合わせが簡単に行える。
車のコクピットの検証など、市販の3Dモデルを購入してから面倒な位置合わせを最小化。一度、位置を設定しておけば、後で同じポジションで検証ができます。
UI_labo_view_example
UILaboBuilder_toolimage
② CG仮想空間内でGUIの画面表示と操作が可能
当社製品UI Virtual Viewと連携し、別のデバイスやクラウドの仮想環境で動作するGUIをCG仮想環境内の好きな位置に表示可能です。表示されたGUIは仮想環境上でタッチなどで操作することができます。
③ 現実の操作デバイスのCG仮想空間内での表示と位置合わせ
GUIを操作する現実の操作デバイスをCG仮想空間内に表示させることが可能です。現実と仮想空間で同様の位置に出現するため、実際に操作に使用することができます。

利用用途の例

  • 自動車のコクピット
  • 建設用機械
  • 産業機器の操作パネル
  • 券売機
  • アミューズメント機器
  • 白物家電機器

動作環境(CG仮想空間構築のみ)

  • OS

    Windows10, Mac

  • CPU

    Intel i3-6100 / AMD Ryzen 3 1200、FX4350以上

  • RAM

    8GB以上。16GB推奨

  • GPU

    Intel HD Graphics 530以上。NVIDIA GTX 1050Ti / AMD Radeon RX 470以上を推奨。

  • ベースとなるCGオーサリング環境

    Unity

  • CG仮想空間表示環境

    PC に接続されたディスプレイ(50インチ以上のディスプレイ推奨)

動作環境(CG仮想空間+VR構築)

  • OS

    Windows10

  • CPU

    Intel i5-4590 / AMD Ryzen 5 1500X以上

  • RAM

    16GB以上

  • GPU

    NVIDIA GTX 1060 / AMD Radeon RX 480以上

  • ベースとなるCGオーサリング環境

    Unity

  • 対応VRゴーグル

    Oculus RIFT S, Oculus Quest